作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

『大明担々麺』の四川牛肉麺は容赦ない!

今日の午後は13:00から
吉塚の合同庁舎で
福岡県PTA連合会の役員会。

 

ということで久しぶりに
箱崎の『大明担々麺』へ。

 

厨房も中国人
フロアースタッフも中国人
お客も中国人で
中国語が飛び交う店内。

 

味の本格的と言うか
容赦ない中華。

 

注文したのは人気No.1の
「四川牛肉麺」。

 

箱崎時代にたまに食べていた
思い出の品。

 

f:id:kab-log:20211210121336j:plain

 

麻(山椒)
辣(唐辛子)
が容赦ない。

 

特に、山椒がスゴイ。

 

好きな人は
定期的に食べたくなる
中毒性のあるヤツ。

 

牛肉はトロトロ
タケノコもたっぷり。

 

ただ、問題は値段。

930円。

 

正直
具はいらないから
スープと麺だけで
もっと安くしてくれって
思ってましたが…

 

注文後に気が付きました。

 

重慶小麺』という新メニューがあります。

 

karameter.com

 

値段は700円弱。

これでいいんじゃないか?

 

次行ったときに
検証してみます。

 

 

しかし、それ以上にショックが大きかったのが
『赤のれん・とん吉』
がツブれていたこと。

 

何度お世話になったかわからない。。。

 

やっぱり九大が移転したことによる
地域経済に与える影響は
相当に大きい。
(それ以前に、箱崎の有名店が
 ドンドンと店をたたんでいました)

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)