『生そばウエスト』のそば3玉まで同一価格について考えてみた

『生そばウエスト』は
そば3玉まで同一価格。

 

f:id:kab-log:20210831124904j:plain

つまり、2玉目、3玉目は無料。

ところでうどんとかそばの麺の原価って
いくらくらいなんだろう
と思い、調べてみることにしました。

 

まず、うどん屋さんの支出割合は
・材料費:10%
・人件費:30%
・家賃:10%
・水光熱費:5%
・諸経費:10%
・利益:10%

 

材料費10%。
一般的な飲食店は30%が目安と言われているので
材料費は相当に安い。

一杯500円のうどんなら
材料費は50円。
これに出汁等の材料費も含まれます。

 

小規模店の売上目標は1日あたり5万円~
と言われているので
一杯500円のうどんなら目標100杯。

 

つまり1日に
500円のうどんが100杯売れて5万円。
で、
・材料費:5000円
・人件費:15000円
・家賃:5000円
・水光熱費:2500円
・諸経費:5000円
・利益:5000円
という支出になります。

なお、うどん屋
スタッフの数がいらない飲食店
だと言われています。

例えばスタッフ二人で回すとすれば
人件費:15000円=2人*8時間*時給

時給は937円となるので妥当でしょう。

また家賃についても
25営業日として12.5万円なので妥当でしょう。

 

では、仮に1日150杯売れる
繁盛店になったとします。
そうすると売上は75000円。

支出は
・材料費:7500円
・人件費:22500円(もう一人アルバイトが必要)
・家賃:5000円(そう変わらない)
・水光熱費:2500円(そう変わらない)
・諸経費:5000円(そう変わらない)
・利益:?

 

利益はなんと32500円
なんと利益率43%!

 

とすれば、
そば3玉まで同一価格
にしても
できるだけ多くのお客さんに来てもらったほうが
いいということになります。

 

くわえて
チェーン店を増やし
製麺所(セントラルキッチン)を作って
自家製麺して
材料費をさらに削減したり…

と考えていくと
「そば3玉まで同一価格」という
作戦が取れるようになります。

 

なお、ウエストのうどんは
加ト吉の冷凍うどんを購入しているので
「うどん3玉まで同一価格」
という戦略はとれないはずです。

 

一方、
各店舗に製麺機がある『丸亀製麺』は
こうした理由で「3玉まで同一価格」はできないはず。

 

『牧のうどん』は製麺所方式ですが
どんどん店舗展開しないのは
もしかしたら製麺所の能力がMAXに近いのかもしれません。
さらに店舗展開しようとすると
新たなる製麺所が必要になり
莫大なイニシャルコストがかかるのかも。

こんなことを考えながら
食べているので
味がよくわからなくなります。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)