友道先生よりお電話

友道先生より電話をいただきました。

 

家では不携帯の時間が多い
スマホを持っていて
本当によかった。

 

いろいろ
お話をさせていただき
びっくりするようなお話も
聞かせていただきました。

 

で、


それ、めっちゃ面白いエピソードなんで
3冊めの本にしたいんで
ICレコーダーに記録していてください。
友道先生が奇跡的に生還して
その本が発刊されれば
絶対にベストセラーになりますよ。

 

と提案。

「いや~もう疲れた」
とか言われたので。

 

すいません、
最後の最後まで酷使して。

 

病み上がりのガン患者に
(しかも、今考えれば病み上がってなかった)
partyさせたり
講演させたり。
でも、僕は一切後悔していないし
申し訳ないとも思っていないので!

f:id:kab-log:20210115042220j:plain

 

友道先生を
使い倒すなんて
日本中で
僕しかできないと思うので。

 


最後に、こんなメッセージを伝えました。

 

友道先生。

先日、岡崎先生に電話したでしょ?
それをFBで見ました。

「え、俺のところには電話かかってこんの?」
とか思いましたし
私以外にも
思っている人多数ですよ。

みんな待っていると思うので
電話できなくなるまで
1日1人電話していきましょうよ。

 

で、一巡したら
二巡目いきましょう。

 

僕、二巡目待ってます。

三巡目も待ってます。

 

で、僕らは
何巡目の誰で止まるか
賭けますんで。

 

って言ったら
「人の命で遊ぶな」
と笑って怒られました。

 

 

「不謹慎な!」
とか
いろいろ思う人はいるでしょう。


私自身、最期は
「家族だけに囲まれてひっそりと」
なんかより
最後の最後まで
できるだけ仲間に囲まれて
人のために生きたいと思っています。

 

人生なんて遊び。


泣いて生まれてきて
笑って死ねるように
遊び尽くしたほうがいい。

 

遊びすぎて
楽しすぎて
死ぬの忘れとったわ
なんて言える人生が最高だと思っています。

 

それにしてもお声が聞けてよかった。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)