作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

糸島産、採れたて食材のワカタケ煮

FBを見ていたら
猟師の江口くんが
「タケノコ、いらんかね~」

 

f:id:kab-log:20200419144814j:plain

 

Tracks(江口くんのお店:イノシシ肉解体・加工・販売)

gibiertracks.com


の前においても、誰も持っていかないと言います。

 

そりゃそうでしょ。

糸島では
タケノコは、湯がいたのをもらうもの。
直売所で買っても安い。

 

 

でも、コロナの休日。
子どもたちと一緒に
タケノコのアク抜き
やります。

 

 

体育の時間。
米ぬかを買いに行き
歩いて、「福ふくの里」まで。

f:id:kab-log:20200419094112j:plain

 

次に、tracksへ。

 

タケノコを3本もらい
家に帰って
米ぬか、唐辛子でアク抜き。

 

f:id:kab-log:20200419132933j:plain

 

約、1時間かかって
キレイなタケノコができました。

 

f:id:kab-log:20200419152311j:plain

 

冷蔵庫に、昨日のワカメがあるので
ワカタケ煮を作りましょう。

 

まず、タケノコを切って
炒めます。
(根っこの少し硬い部分。
 やわらかい穂先は、明日のおみそ汁に)

 

f:id:kab-log:20200419152317j:plain

 

ワカメを投入し、炒め
砂糖、料理酒
その次に
めんつゆ、醤油
で調味。

 

f:id:kab-log:20200419152433j:plain

 

「全部、味付け、一緒やないかーい!」

 

はい。

一緒です。

 

味付けは一緒だけど
食材が違うので
味が変わります。

 

これが、食材の味を楽しむ
ということなのかもしれません。

 

煮詰まって
味が染み込んだら完成。

 

f:id:kab-log:20200419152621j:plain

 

 

www.goshisato1973.info

 

www.goshisato1973.info

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)