作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

大好きな人と会えたのに分かれることを考えて落ち込むという話

こんな話を聞きました。

 

諸条件は、はしおりますが
ロミオとジュリエットのような
結ばれたくても
結ばれない二人がいます。

 

二人で会えて
でも
別れなければならない
時間が近づくと
二人で、ドーンと落ち込んじゃう。

 

「すげぇ、愛だな」
と思いながらも
ゴーシ先生は
そんなことないので
自己弁護するために
思考を深めてみた。

「別れなければならない時間が近づく」
って何分なの?
って考えていくと
15分なのかもしれないし
30分なのかもしれないし
1時間でも
2時間でも
6時間でもありえる。

 

つまり
会った瞬間に
分かれるための
カウントダウンは始まる。

 

せっかく会えたのに
二人で落ち込んでる。

 

会えない時間は
「次は、いつ会える!」
って楽しくて
せっかく会えたのに
二人で落ち込んでるって
おかしいでしょ!

でも、そのジレンマは
いっぱいある。

 

就職や進学をおそれて
今を楽しんでない生き方。

 

死を恐れて
生を実感してない生き方。

 

未来や
過去に縛られて
今が楽しめないなんて
絶対に幸せじゃない。

だって、
事実は
今の継続しか無いんだから。

今を幸せに生きればいい。

 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓