作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

天ぷら ひらお天神店 閉店に密着!

4日(火)夕方は
ももち浜ストア 夕方版』
にコメンテーターとして出演。

新コーナー「とことん!!」
のテーマは
「天ぷら ひらお天神店 閉店に密着!」
でした。


天ぷらひらおとは、
「安い!早い! 美味い!」の博多の庶民的天ぷら屋さん。

その特徴は…

  • 食券制度
  • 定食でも700円を前後とリーズナブル
  • 厨房と向かい合わせのカウンター席
  • 揚げたててんぷらが1品1品提供
  • 名物、絶品塩辛、食べ放題

秘密のケンミンshowでも紹介され
これらは博多スタイル(福岡スタイル)として
全国に広まりつつあります。

 

さて、天ぷらひらおは
基本的に郊外型なのですが
唯一の都心型店が「天神店」。

天神東宝ビルの1階にあります。

f:id:kab-log:20170407075740j:plain

f:id:kab-log:20170407075750j:plain

(写真は http://poohsuke.blog.so-net.ne.jp/2013-06-13 より)

天神店の1日のお客様の来店数は約650名!
大人気です。

 

しかし、ビルを所有する東宝が、建て替えを発表。
ビル内で営業している
「天ぷら ひらお 天神店」が、
2017年3月27日に閉店することになりました。

 

仕込みの段階から密着取材。

ナスの量も、ピーマンの量もハンパない。

1日のお米の準備量は90kg。

そしてひらおといえば名物絶品塩辛。

f:id:kab-log:20170407080326j:plain

こんな感じで食べるわけです。

f:id:kab-log:20130315134100j:plain

で、聞けば、天神店の
1日の塩辛消費量が60kg!(驚)

お米が90kgなのに!!

 

当日は、開店から21:00過ぎまで
行列が途絶えず、
客数、売り上げ過去最高を記録し
天神店の歴史に幕を下ろしました。

 

現在、大名で新店舗を
開店予定だそうです。

 

正直、40をすぎたおっさんには
ひらおはかなりヘビーなので
数年、行ってませんでしたが
VTRを見ていて
久しぶりに行きたくなりました。

 

でも、食べてると
行列を作っている人に
「早く食べろよ!」と
後ろから見つめられている気がして
あれがイヤなんだよね。