作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


ゴーシ先生のonline salon


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

専業主婦なんですが、私は、何から始めればいいのでしょう?

先日行われた

www.goshisato1973.info

私自身もとても勉強になり
とても楽しかったです。

 

講座終了後
ある方を通じて、こんな質問が寄せられました。

「専業主婦なんですが、私は、何から始めればいいのでしょう?」

 

たしかに。。。

 

  • 働いているか、いないか。
  • 自由に使えるお金があるか、ないか。
  • 時間があるか、ないか、

等々によってやることは異なってきます。

で、こんな図にまとめてみました。

 

f:id:kab-log:20170302091633j:plain

専業主婦であれば自分の収入はありません。

自分に使うお金(ランチ代とか、お服とか、美容とか)は
ちょこちょこ家計から支出し
パソコンを買うとか、大きな買い物は夫の許可が必要、みたいな。

そうすると良くて現状維持。

多分、先細りです。

もし、時間があるのであれば
ちょっとしたアルバイトやパートなどして
自分で自由に使えるお金を作ること。

「今さら、パートなんかしたくない」
という気持ちもあるかもしれませんが
現在の日本は労働力不足なので
探してみれば、結構、いい条件の仕事があるかもしれません。

 

「子どもが小さくて、時間がありません」
という人は、夫婦で話し合い
家計を見直し、勇気を出して
自分も小遣い制にしてみる。

今まで、ランチ代でも家計から出していたとすれば
小遣い制にするのは怖いです。
でも、お弁当を作って、その分を貯める。
ネイルもエクステもちょっと我慢してその分を貯める。

それを自分のために投資する。
例えば、自分のためのパソコンを買ったり
本を買ったり、何かの勉強会に参加したり
資格を取ったり。

 

そうして社会に提供する価値を高めていくことです。

 

「夫が絶対に小遣い制とか許してくれません…」
そこから先は、
お金の稼ぎ方、使い方の問題ではなく
夫婦の問題です。