作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

とら、算数できると?

昨日の夕方、いつもは
おとちゃんのピアノについていく
とらじろうが
「パパと家にいる」
と言います。

 

ママたちが出ていくと
「パパぁ、テレビ見たい」
「ダメ」
「だって、とらくん、見たいんだもん」
「絶対にダメ、パパもご本読むから
 とらくんも本を読もう」

 

そうしたら
あきらめて
パパの隣で
スター・ウォーズ 100シーン』
というスターウォーズの図鑑を
めくりはじめました。

 

「た、す、け、ん、れ、い、だー」

 

うん。
優秀、優秀。

 

早期教育も英才教育も必要ないけど
小さいころから
フォースの使い方はマスターしないとね。

 

しばらく集中して本を読み
読み終わると
おとちゃんの算数のドリルを
勝手に取り出してきて
なんか書き始めました。

 

「あ~、ぐちゃぐちゃに落書きしたら
 おとちゃん
 怒るだろうなぁ~」

 

なんて、覗き込むと…

 

ちゃんとおとちゃんの続きを
計算していて
しかも
「11+4=15(←やたらデカイ)」
って解けてる!!

 

とら、
算数できると?

 

パパ、感動というか驚き。

 

数字が読めて、書けるとは知っていました。
口頭での一ケタの足し算もできるとは知っていました。

 

しかし、
算数として、紙に書いて
足し算ができるということは
獲得したいろんな概念を組み合わせ
さらに、
おとちゃんのやっていること見て
「+」や「=」の意味を推測し、
理解し、挑戦してみる。

 

パパ、感動というか驚き。

 

子どもの力は本当にすごい。
土台ができれば
自分の力でグングン伸びる。

 

しかし、次の
「13+4=18」
は間違えてました。

パパ、逆に安心(笑)

「とら、間違えとーよ。
 13たす4は17だよ」
「え~、とらくん、
 ちゃんと考えたんだよ~」

と言って

自分の指を見ながら
必死に考え直している写真(笑)

f:id:kab-log:20170311144010j:plain