再・青パト問題

10/27は、
「課題協学」というハードな授業をやって
そのあとすぐ部門会議。
(部門長補佐なので、議事録を作らなければならない)

ギリギリ家に帰り
おとちゃんのピアノの送迎。

そのあと、
「青少年育成福吉校区民会議理事会」。

 

時間を割いた議題の一つが
「青パトの稼働率が昨年度より落ちているので
 どうやって稼働率を上げるか」

 

ゴーシ先生
理事会の中では
最年少、超若輩者、新入理事なので
だまって議論を見守るしかありません。

 

しかし、ボトルネックを見抜きました。

 

「青パトに乗るには2名以上乗車が原則」
「1名では乗れない」
というルールがあるのです。

 

で、すぐネットで調べて
そろーっと聞いてみました。


「絶対に2名以上でなければならないんですか?
 まず、そんな法律も罰則もないし
 聞けば、自家用車も青パト登録できるはずです。
 青パト登録した自家用車は
 常に2人乗らないといけないんですか?
 確かに、講習会では2名以上を推奨されていましたが
 今、ネットで調べたら
 そんなきまりは出てきませんでした」

 

「それもそうやね~。
 じゃ、福吉は2名以上を推奨するけど
 1名でも可、みたいな運用しましょう」
「1人ならちょろっと乗れるよ。
 相方を探すのが大変」

という前向きな意見が
出たのですが…


青パトに古くから関わっている方が
歴史的経緯をお話され
「何かあったときに困るから」
という理由で却下。

 


そして
行政区毎に一週間持ち回りで
青パトを回す
という苦役のような制度が爆誕

 

大学からの帰りに見える
夕日だけが癒やし。。。 

 

f:id:kab-log:20201027172858j:plain

 

あ~、右の上の方に
龍神様が見えていますよ~(遠い目) 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)