不審者大作戦

朝起きたら、ヒビが入っていると思われる
肋骨の部分に更に違和感。
おかしいな?
と思いながら、台所まで行き
咳き込んだ瞬間に大激痛。

しゃがみこんで
しばらく
動けなくなるほど。

 

病院に行ってレントゲンを撮ったら
「見事に、左の肋骨の9番目にヒビが入ってます」

ヒビ?
折れてはないんですね?
と聞いたら
「同じです」

 

でも、案の定
湿布貼って(気休め)
サポーターして
鎮痛剤飲んで
安静にしておくしかない。

 

しかし、今日の午後は
重要な「不審者」のお仕事。

 

約束した以上
休めない。

 

決められた時間に駐車場に付き
車の中で着替え。
激痛に耐えながら。。。


「これ、先生たちが刺股とか使ってきたら死ぬな。。。」
とか思いながら。

 

で、園に入って、
どうやって不審な行動を取ろうか
考えました。
いきなり
「うおー」とか言って
棒を振り回したりするのは不審ではなく
もう完全な犯罪です。

 

子どもたちのトラウマになる。

 

そこで、思いついたのは
「楽しそうやね~
 おいちゃんもまぜて~
 あ、そうそう、アメちゃんあげよう~」
と子どもに近づいていく。

 

これ、超不審。

 

さて、決行の時間です。

 

裏口から入り
防犯のため
ちゃんと門を閉めます。


なんと防犯意識の高い不審者。

 

f:id:kab-log:20201008165757j:plain

 

ちゃんと靴も脱ぎます。

そうしたら子どもたちが
「おじちゃん、誰~」

いや~楽しそうやけん
まぜてもらおうと思って。
そうそう、アメちゃんいる?

 

f:id:kab-log:20201008170048j:plain

 

そしたら先生のプリントが
風で飛び散り散乱。
一人で集め、元の場所に。
なんて優しい不審者。

 

そう、不審とは
両極性を持つこと。

 

一番、面白かったのが
おむつを替えていた先生がいたのですが
なんとかおむつを履かせようと必死。
それをずっと待つ不審者。

って、おむつ履かせずに避難しいよ(笑)。

 

あと、せっかく鍵をかけたのに
ノックしたら
他の先生が来たと思い
鍵を開けてくれて
扉を開けた瞬間
「キャー!」

 

この他のことについては
園の防犯上の問題があるので
ここには書きません。

 

しかし、素人が
不審者役をやると
いろんなことが見えてきたのも事実。

 

怖いことは一切していないのだけれど
緊迫した雰囲気に
泣き叫ぶ子どももいて
トラウマにならないように
最後は、子どもたちに
いろんな注意とお話。

 

f:id:kab-log:20201008171106j:plain

 

帰る間際、先生方とのお話。

「やることを決めていたのに
 防犯カメラで不審者の姿が見えたとき
 頭が真っ白になって
 何もできませんでした」
刺股も準備していたのに
 怖くて使えませんでした」

 

あ、、、
言ってなかった。
刺股、使われたら
不審者さん、病院送りになってた。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)