セクハラと逆セクハラの隙間

今日は糸島大人塾。

テーマは、(ある方の熱烈なリクエストにより)
『問題解決の技法』。

 

いろいろ調べて、
pptを作ろうとしたのだけれど
一般論すぎて、
抽象度が高すぎて
全然、面白くない。。。

 

そこで、思いついたのが
このblogで連載している
『ゴーシ先生に質問っ…!』
を事例に、
なぜそんな記事内容、問題解決になったのか、
ゴーシ先生の頭の中身を明らかにしていく
というコンテンツ。

これを積み上げていって
「問題解決の技法」全体が分かるという展開。

 

とっても面白くて
とっても評判が良かったです。
熱が冷めないうちに
onlineでもやろうかな。

 

その中で
一番、印象に残っているのは…

 

プレゼンの合間合間に
「こういう質問が届いています。
 あなたならどう答えますか?
 問題解決しますか?」
と参加者に質問して
答えてもらう時間を設けていました。

 

ある質問は
セックスレス」について。

 

f:id:kab-log:20200825215030j:plain

 

これまでは、順に答えてもらっていたのですが
つい、
「この質問は一つ後ろのHさんに答えてもらいましょう」
とふってしまいました。

 

私の中での理由はこうです。
「みんなの前で、セクシャルな発言をさせるなんて
 セクハラです!」
とならないように。


個人コンサルティングをやっているHさんなら
絶対に、そんなこと言わない
と思っての言動でした。

そうしたら、
質疑応答の時間。
そのHさんの前の方が
「なぜ、あの質問のとき
 私を飛ばしたんですか?」


で、上記理由を説明しました。

 

そうしたら…


「そうですか。
 私はそういう問題には
 無関係だと思われたのかと思って…」

「そっか!!!
 それもある意味
 セクハラになるのか!!!!」

 

…しかも、その無関係も
「セックスに無関係」

セックスレスに無関係」
とでは
180度、意味が変わってくる…(涙)

 


それも、含めて
この質問を選んだ時点で
進むも地獄、戻るも地獄。

 

残念!

 

古い?

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)