幸せと面白いは違う

ある生徒さんが
「いろんな問題を抱えていない人って
 幸せですよね」
というので
幸せだけど、面白くはないよね
というお話をしました。

ちなみに、問題とは
DVだったり、モラハラだったり、
浮気、不倫、離婚、
子育てだったり、不登校だったり、発達障害だったり
親子関係、親族問題、いろいろあります。

 

まぁ、そもそも
問題がない人なんていないと思うのですが…

 

それでも程度の差こそあれ
問題が少ない人はいるのでしょう。

例えば、具体的には
朝、「おはよ~」って起きて
幸せな朝ごはんを食べて
子どもを見送り
子どもは健全に育ち
成績も
夫婦とも、仕事も順調で
夫婦喧嘩もなく
他の異性に好意を寄せることもなく
他の異性に言い寄られることもなく
定時に家に帰って
家族で夕食を囲み
お風呂に入り
「おやすみ~」って言って
布団に入る。

 

うん。
確かに、幸せ。

 

でも、これが365日、
1年、5年、10年、20年
って続く。

 

幸せだけど、楽しい?

 

言い方を変えると…


そんなドラマや映画、見たいですか?

 

ドラマや映画は
ピンチがあったりチャンスがあったり
紆余曲折があったり波乱万丈があるから
ドキドキして
ワクワクして
楽しくてみんなを惹きつけます。

 

アナキン・スカイウォーカー
ジェダイの禁を破り
パドメと恋に落ち
ダークサイドに転落し
ダース・ヴェイダーにならなかったら
スター・ウォーズ』は成立しないのです。

 

簡単に言えば
「幸せ」と「楽しい」は違います。

 

「幸せ」を感じれるときには
思いっきりそれを享受すればいいし
ピンチのときは
「楽しい」と思えばいい。

 

サクセス・ストーリーは
どん底があるから成立します。

 


生まれついてのお金持ち
進学校に進み
サラリーマンになり
問題なく業務をこなし
定年まで勤め上げ
定年後は夫婦で
国内旅行や家庭菜園…

 

全然、おもしろくねぇ。

 

大学卒業後
親の会社に入社。
親の死後、社長に就任。
最初のアイデアが大ヒット。
今はシステム化し
自分は悠々自適。

 

全然、おもしろくねぇ。

 

 

私達は
自分、主人公の
人生というドラマを
作っています。

 

そのドラマには
結論として「幸せ」は
不可欠だけど
「楽しい」も不可欠です。

 

見てくれている人たちが
(仲間や友だち)
ワクワク、ドキドキして
巻き込まれていくような人生。

 

だから
辛いことや悲しいことや
ネガティブなことが起きたときには
幸せではないけれど
「楽しい!」
と思えばいいです。

 

もっと言えば
みんなが
「ドキドキ、ハラハラしてくれる!」
って思えばいいです。

 

もっと言えば
「きた~!」
「おいしい!ネタができた!」
って思えばいいです。

 

f:id:kab-log:20200622055028j:plain

 

幸せな人生

楽しい人生

全く意味が違います。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)