おとちゃんの感性

パパが、大切そうに
紫陽花の挿し木に水やりをしているのを見て
おとちゃんが
「おとちゃん用のも作る」
と言い出しました。

 

 

自分の好きな紫陽花を選ばせ
切り方を教え
1時間、水あげし
挿し木。


6本。

 

 

挿し木し終わったら
「名前をつけよう」
と言い出し、
「ここから順に…」

 

あーちゃん
じーちゃん。
さーちゃん。
いーちゃん

 

ベタやなー
と思っていたら
ここから先の展開がすごかった。

 

「この一番大きいのは悲鳴嶼(ひめじま)さん」
鬼滅の刃の岩柱。

 

「この一番小さいのはカナヲ」
鬼滅の刃の胡蝶しのぶの継子

 

 

紫陽花の挿し木に水をやりながら
「悲鳴嶼さん!みんなをよろしくお願いします!」
というおとちゃんの感性がたまらない。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)