「コロナの休日」における家庭学習の実態②

 

www.goshisato1973.info

の続き。

 

問18以降は、「コロナの休日」に限ったことではなく、
普段の家庭教育、家庭学習に関することです。

 

f:id:kab-log:20200402125854j:plain

55%以上の方が
子どもの学力を高めるためには、家庭学習が必要だと
考えています。

f:id:kab-log:20200402125912j:plain

f:id:kab-log:20200402125919j:plain

問22、問23が面白いです。
「子どもの学力を保証するのは、親の責任だと思いますか?」
の問いに、54%がyes。

f:id:kab-log:20200402125951j:plain

一方で、
「子どもの学力を保証するのは、学校、先生の責任だと思いますか?」
の問いには
yesは16.5%、
noは40.3%。

f:id:kab-log:20200402130009j:plain

学力世界一のフィンランド
子どもの学力は
100%、学校、国の責任である
としています。

 

私個人としては
日本の親は、子育て
特に、子どもの学力に対して
「責任負い過ぎ」と思っています。

 

一方で、子どもの学力に
100%責任をもてる先生がいるかというと
それも少ないのかもしれません。

 

そもそも
親だって
「学力とはなんぞや」
とか
「子どもの発達とは」
とか、勉強してないじゃん。

 

f:id:kab-log:20200402130014j:plain

塾に通っている小学生23%。
予想よりは少ないけど
正直、
なんのために
小学生のうちから塾で勉強してんの?
と疑問に思います。

f:id:kab-log:20200402130026j:plain

f:id:kab-log:20200402130044j:plain

f:id:kab-log:20200402130048j:plain

自分で調べる習慣が身につくと
将来伸びるはず。

f:id:kab-log:20200402130107j:plain

自分で答え合わせして
間違ったら、全消しして、書き直すのではなく
どこが間違ったのだろう?
と考え、修正できる子が
将来伸びるはず。

f:id:kab-log:20200402130117j:plain

親は、安易に答えるのではなく
「質問で返す」。

f:id:kab-log:20200402130203j:plain

 


f:id:kab-log:20200402130218j:plain

f:id:kab-log:20200402130238j:plain

f:id:kab-log:20200402130241j:plain

f:id:kab-log:20200402130256j:plain

これ。

f:id:kab-log:20200402130350j:plain

大切なのは
「できる」ことではなく
「できるようになること」。

f:id:kab-log:20200402130353j:plain

f:id:kab-log:20200402130358j:plain





 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)