牡蠣初め、2020!!

今年もやってまいりました
毎年恒例、『牡蠣初め!!』

用意した牡蠣は、なんと15kg!

 

f:id:kab-log:20200105094745j:plain

 

11:00スタートなのに
最初のお客さんは10:40到着。
で、丁寧に焼き
完璧な状態で
一人一人にサーブ。

 

f:id:kab-log:20200107135541j:plain

f:id:kab-log:20200107135519j:plain

 

だんだん人が増えてきて…

プロの焼き鳥屋さんが
焼き鳥を焼きだしたり(笑)

 

f:id:kab-log:20200107141127j:plain

 

肉も焼きますか!
恒例の、豚肩ロース炎上焼き。

 

f:id:kab-log:20200107142359j:plain

 

牡蠣初めは

  • みんなで食べたいもの一品
  • みんなで飲みたいもの1本

もちより(参加費無料)が原則。

 

だから、美味い酒が集まります。

 

f:id:kab-log:20200107135919j:plain

f:id:kab-log:20200107135931j:plain

f:id:kab-log:20200107135949j:plain

 

酒が、すすむ、すすむ。

 

子どもたちは大はしゃぎで
遊びに飽きたら
竹巻きパンづくり。

 

f:id:kab-log:20200107141418j:plain

f:id:kab-log:20200107141352j:plain

 

牡蠣に飽きてきたら
牡蠣ににんにく・唐辛子入りオリーブオイルで焼く
「カキロンチーノ」。
(写真なし)

 

さらには
前日に作っておいた
トマトソースで
牡蠣を食べる
「カキネーゼ」。

 

f:id:kab-log:20200107141029j:plain

f:id:kab-log:20200107141248j:plain

f:id:kab-log:20200107141010j:plain

 

イタリアンの銘店『Teshima』のマダム
のりりん
「素人にしては美味しいね」
と言ってくれました(笑)

 

「にぎやかやね~」
とご近所さんが
生きたナマコをさしいれてくれ
その場で野外クッキング。

ナマコが水をピューッと吐くと
子どもたちが
キャーキャー。
その声の中で腹を割って捌き
洗って切っていきます。
並行して大根おろしをすってもらっていて
ポン酢で和えれば
できたてほやほやの
ナマコ酢。

f:id:kab-log:20200107141642j:plain

 

5分前まで生きてたのだから
不味いわけがない。

それにしても
「ナマコ食べるの初めて」
という大人もいて
逆にビックリ。

 

そのあと
みんなで空き物件を見に行ったり
屋根に登ってあそんだり
海に行って遊んだり。

f:id:kab-log:20200107142749j:plain

 

ふと、見上げた空が
ハシゴのような雲
という奇跡。

 

f:id:kab-log:20200107142759j:plain

 

来年は
2021年1月10日(日)かなぁ。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓