幽霊理論・オバケ理論

ゴーシ先生は
「人からなんと思われうか
 どう見られるかが気になって
 行動できません」
という人に、
幽霊理論・オバケ理論
で説明しています。

 

あ、幽霊やオバケを信じていて
親族が呪い殺された経験がある人には
オススメしない記事です。

 

 「人からなんと思われうか
 どう見られるかが気になって
 行動できません」

 

それって
幽霊やオバケみたいなもんですよ。

 

<理由、その①>
まず、自分が
「~と思われるんじゃないか」
と心配したとしても
実際に、その人は
そんな風には思っていません。

 

その人も忙しいのです。
自分のことで必死なのです。

 

勝手に、自分が心配しているだけです。
幽霊やオバケなんかいないのに
幽霊がいるかも
ってビビってるだけです。 

 

<理由その2>

もし、仮に
幽霊やオバケがいたといたとしても
自分に実質的な損害を加える力があるとは思いません。 
だって、足ないし
スカスカやし。

 

同じく、でも、たまに
「あの人って○○なんじゃない!?」
なんて思ってくれる
ヒマ人がいます。

 

それは仕方ないです。
いろんな人がいますし
思考は自由です。
さらに暇なのですから。

 

では、そう思われて
実害があるかと言えば
全くないです。

 

物理的、経済的損失、被害は一切ないです。

  

<理由その3>

もし、仮に
幽霊やオバケがいたといたとして
自分に実質的な損害を加える力があるとしても
実質的な損害を及ぼすことができるか。

 

たぶん無理。

だって、自分は
多くの人から信じられてない
幽霊やオバケやし(笑)。

 

現実問題としては
ごく、たまに
「あの人って○○らしいよ」
なんて吹聴して回る
超ヒマ人がいます。

はっきり言って迷惑です。
精神的、心理的損害は被ります。

だけどです。

そんな人のうわさ話している人から
うわさ話を聞いて
何と思うかです。

常識人なら
「ウワサばかりしてサイテ~」
「次は私がウワサされるかも」
「近づかんどこう」
と思うはずです。


「○○さんは××さんにウワサ話されてかわいそう」
なんて同情と共感を得られるかもしれません。

 

ね、幽霊とオバケは
そもそも
人から信じられてない。

 

そんなことを恐れて
何もできないなんて
もったいない。

 

幽霊やオバケを恐れて
夜、トイレに行けなくて
おしっこ漏らしてしまったら
その分の損失のほうが大きいよね。 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓