読み取れるのか!?

佐賀の飛鳥工房から
注文していた商品が届きました。

 

f:id:kab-log:20190525172030j:plain

 

講演会場の
書籍の販売コーナーで
名刺の隣においておく予定。

 

発注した理由はこう。

五月の節句前に
FBでこんなアナウンスが流れてきました。

 

asukakoubou.com

 

木板にレーザー加工で
名前や家紋を加工してくれるといいます。

 

それに1万円払うかな?
ユーザーがいたとしても
ごく少数だろうな。
マーケット小さいな。。。

 

 

レーザーで
QRコードを加工できるのかな?

と思い、質問したら
「できます」
と言います。

 

狙うはここじゃない?

 

例えば
LINE@をやっている
飲食店って
たくさんあります。

そのQRコードをプリントアウトして
ラミネートして
トイレやレジ前に貼ったり。

 

普通の居酒屋なら
それでいいですが
高級割烹や寿司屋は
そういうわけに行きません。

とすれば
これなら
店の雰囲気にもマッチして
お客さんも
「なんだろ?」
スマホを出して
撮る割合が高い。

 

お客さんの
line@登録率
高くなるはず。

 

これで
サンプル作って
佐賀の高級割烹や寿司屋に
営業かけ
それがうまく行けば
全国から注文とればいい。

ということで、ゴーシ先生が
そのサンプルのために発注。

 

で、本日、届きました。

 

よく見ると
彫られていることがわかります。

 

f:id:kab-log:20190525172115j:plain

 

ちょっと感動レベル。

 

でも、ある人に
こう言われました。

 

「バーコードって
 白地じゃなきゃ
 読み取れないんです。
 木目の上に
 QRコード大丈夫かな?」

 

え、、、もう発注した後なんですけど。。。

 

読み取れるかどうか(涙)

f:id:kab-log:20190525182006j:plain

 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

毎朝8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓