ボタンを探して、誰がそのボタンを押すか?

今日(5/13)の午前は
久留米大人塾。

 

参加者の一人が
こんな感想を寄せてくださいました。

 

今日のゴーシ先生の大人塾、プレゼン力‼️

 

一粒で2度美味しい❣️そんな感じ‼️

 

プレゼンの仕方をただ、
クラスで受けるというよりか、
参加型劇場型クラスでした‼️

プレゼンの実践をしながら、
私たち参加者を感動させてくださいました❣️

2時間の深い楽しい、
内容に感動と感謝です。

 

こんな面白い授業はない。

 

どうやったら、いいのか、具体例を、
私たちを巻き込んでの
クラス‼️

 

え?!今日はプレゼンを学ぶ日だよね?

と何回も確認し、

そして、周りは号泣する!!!

 

私は泣かないぞ!

と決めたにもかかわらず!
やはり、号泣。

 

流れと、
ストーリー仕立て。
15分の
ネタ作り。

などなど、
手の内を見せてくださいました!

 

泣き、
笑い。
そして、
おもしろいのが、ゴーシ先生の大人塾❣️

次のプレゼンに絶対、
役に立つ情報ばかりでしたから、
講座の
質が上がるのは、
間違いない‼️

ほんとに、
ゴーシ先生、すごい
私たち、
40〜50代にも、理解できる手法で、
クラスをしてくださるのが、
本当に嬉しいです。

 

次回は、6/11、情報発信力‼️

 

最後に質疑応答の時間を設けました。
そうしたらこんな質問が…

 

「仕事のプレゼンはわかりましたが
 家庭内のプレゼンはどうしたらいいんでしょう?」

「家庭内で誰に何をプレゼンするんですか?」

「夫です。夫が高校生のムスメに好かれようと
 スイーツとかを、いつも買ってくるんです。
 それをやめさせたいんです…」

 

なるほど。
でも、プレゼンしても
問題解決しないと思いますよ。

 

誰にでも弱点というボタンがあります。

そのボタンを探すことです。
どこにそのボタンがあって
誰が、そのボタンを押すか。

 

旦那さんの場合
弱点は
妻ではなく娘です。

「確かに…」

 

だから、妻がいくら言っても
夫は
「俺の勝手だろ」
「ムスメも喜んどるんやけん」
「自分お小遣いで買ってきよるんやけん」
聞く耳を持たないでしょう。

 

だから、お母さんが
まずムスメと話します。

 

パパが買ってきたスイーツ
よく食べてるけど大丈夫?
体重とかスタイルとか
気になるんなら
控えたほうがいいんじゃない?
お父さんに言ったほうがいいんじゃない?

で、ムスメがお父さんに
「いつもスイーツ買ってきてくれて
 ありがたいけど
 太りたくないし
 月1回くらいにして」
とお願いすれば
パパは間違いなく
買って帰る回数を減らすでしょう。

 

そうそう、
実は先日、ある方の離婚相談にのって…
(ここから先はヒミツ)

 

プレゼンは
何を話すかも大事ですが
誰がどう話すかが
もっと大事です。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

毎朝8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓