シシャモ、食べてみた

福岡空港から新千歳空港へ。

JRで南千歳駅で乗り換え
苫小牧へ。

 

夕食は
ホテルの目の前の海鮮居酒屋へ。

 

メニューに
『道産 本シシャモ 1000円』

 

知っています。

 

スーパーに売っている
シシャモと
本当のシシャモが違うことは。

 

スーパーで、
1パック300円くらいで売っているのは…

f:id:kab-log:20190303042356j:plain

カペリン/カラフトシシャモ(学名:Mallotus villosus)は、
キュウリウオ目キュウリウオ科の海水魚

 

一方、北海道の本当のシシャモは
Shishamo smelt(学名:Spirinchus lanceolatus)で
サケ目キュウリウオ科シシャモ属。

 

生息域が狭く
北海道東部太平洋側だけでとれるそうです。

 

店員さんに恐る恐る聞いてみました?

 

「1匹1000円ですか?」
「一皿にオス2匹、メス2匹入ってます」

 

そっか~よかった~
…って、それでも一匹250円!

 

しかし、話のネタにと
注文してみることにしました。

 

しばらくして、出てきたのが…

f:id:kab-log:20190302193547j:plain

 

小っさっ!

思わず、爪楊枝と比べてみましたよ。

 

しかし、この小ささの中に
本物の味、旨味が濃縮されていて…

 

なんて考えながら
口にしたところ…

 

味、薄っ!

 

スーパーのシシャモが
基準として頭の中にあるので
なんともぼんやりとした
素朴な味わい。

 

あ~、これが本当のシシャモの味なんだ~
むしろ、スーパーのシシャモって
味付けしてあるんじゃない?
なんて考えながら
苫小牧の1日目は更けていったのでした。

 

毎朝8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓