佐伯市婚学セミナー、本当の裏話。

佐伯市での婚学セミナー。


継続してやっているのですが
2年前にこんなコトがありました。

 

当時、講演依頼の窓口となっている
市役所職員の女性。

結婚してるの?
と聞くと
「まだです」
と。

 

じゃぁ、婚学セミナーを企画するより前に
自分のことからやね。

 

彼氏いるの?
と聞くと
「はい」
「え、その彼と結婚する気あるの?」
「はい…でも、なかなか彼が…」
「まじか…」
みたいな。

 

「実は、今日のセミナーにも参加していて…」
「マジか!」
「懇親会にもこれから合流します」
みたいな。

 

で、懇親会スタート。
彼も合流。

しばらくお酒を飲んで
エンジンがかかったところで
席替えタイム。


彼の前に陣取り
「聞けばさ、○○さんと付き合ってるそうやん。
 結婚する気あるの?」
「ま、まぁ、いつか…」
「いつかやないよ!
 結婚する気があるんなら
 早いほうがいい。
 時間は女性にとって
 かけがえのない宝物なんよ!」

 

 

こちらは熱く語ってるのに
クールに
「まぁ、いろんな事情があって
 その問題が解決しないと
 彼女に迷惑をかけるし…」
なんて答えられ…

 

いろんな事情って何?
と聞けば
「親に借金があって
 親が返せなかったら
 自分がそれを返さないといけなくなるので
 そんな人生に
 彼女を巻き込めないです」
と言います。

 

ふざけんなよ!
億とかの借金ならともかく
数千万くらいなら
結婚して頑張って二人で働いて
とっとと返せばいいやろ!

 

「億です」

 

お、億?…

 

ま、ま、でもさ
彼女は、その問題も知った上で
お前と結婚したいって
言いよっとやろ。
彼女のことが好きなら
その気持ちに
応えちゃりーよ!!!

 

そんな感じで
2時間、熱く熱く
お話?説教?してたら…


「すいません。
 トイレ行ってきていいですか?」
「いいよ…」


と送り出したら
なかなか帰ってこず
一人で3月の寒風に当たり
考えていたそうです。

 

そして。。。

 

彼は、勇気を出してプロポーズし
めでたく結婚しました。


www.goshisato1973.info

 

そして今日。

 

お腹の大きくなった彼女が
最前列で婚学セミナーに参加。
聞けば、明日から産休だそうです。

 

後ろには
彼も参加してくれていました。

 

彼を見ながら
心をこめて
お話をしました。

 

いろんな問題があるかもしれない。
でも、それを乗り越えて
結婚を決めたとする。

そうすれば
平均して2人くらいは
子どもができる。
(2015年の完結出生時数は1.94)

 

その子達が
三十年後また結婚し
子どもができる
つまり自分にとっては孫ができる。

 

その孫が
また三十年後結婚し
子どもができる。
つまり自分にとってはひ孫ができる。
(生きてるかどうかはしらないけど)

 

f:id:kab-log:20190201174213j:plain

と、考えたら
自分が
「結婚しよう」
と意思決定した結果
これだけ多くの人の命と人生を
生み出すことになる。


自分の意思決定には
すごい力も可能性もあるんだよ。
逆に、決断できないと
その可能性が全て失われてしまうんだよ。

 

 

彼女も
彼も
すごく感動して聞いてくださいました。

 

いやいや
こちらとしても
最高に嬉しいです。


ところで
佐伯市の刺身は
普通の居酒屋でも
めちゃくちゃ美味い。

 

f:id:kab-log:20190131202139j:plain

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓