世界5分前仮説

ある本を読んで
(年末年始読書では、まだ紹介していない本です)
「世界5分前仮説」
という論を知った。

 

「世界はたった5分前にできた」
というもの。

 

「うそ、子どもの時の記憶もあるし
 江戸時代の資料も
 恐竜の骨も…」
と言ったとしても
その記憶や資料もすべて
5分前にできた。

 

と言われると
覆しようがない。

 

「世界5分前仮説」
とは、それほど
めちゃくちゃな論だけど
だけど
過去にとらわれて生きている人には
圧倒的破壊力を持ちます。
「過去なんてないよ。幻想だよ」
さらに言えば
「みんなの過去の記憶、塗り替えちゃえ!」

 

加えて言えば
言えば
「世界5分後破滅説」
も成立するわけで
5分後以降の感覚は
破滅した後の幻想でしかない。


いや、
その5分後の自分は
5分前に創り出された自分…



と考えていると
時間がつながっている
と考える認識のほうが
危うくなる。

そもそも
ホリエモンによれば
現在と過去と未来が
直線で結ばばれているという
概念ができたのは
近代哲学だという。

www.goshisato1973.info

 

ケンが
乙武さんの講演で
「起こるか分からない未来を恐れて
 今やりたいことをしないなんて…」
って言ったのがすごく印象的で
それって
こういうことだったのと
ちょっとビビってる。

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓