腕時計論

モノには
・機能的価値

・情緒的価値
の二つがあります。

 

機能的価値は「良い、悪い」で頭で理解するもの
情緒的価値は「好き、嫌い」で心で判断するもの。

 

で、ブランディングが上手な企業は
確実に情緒的価値を備えています。

 

ここらヘンを詳しく知りたい人は
是非、大人塾へ。

 

 

で。

 

 

腕時計って
その典型だと思うのです。

 

例えば
CASIO。

 

頑丈さ、衛星電波
なんて機能的には世界最高。
でもG-SHOCKつけてて
「おしゃれね~」
とは言われません。
まぁ、イルクジは
レア感があっただけで
セレブ層は見向きもしていません。

 

私も人と会うとき
腕時計は見たりします。

CASIOは
機能的価値はすごく高いけど
情緒的価値がすごく低いのです。

CASIOにもオシアナスのような
高級ラインナップはあります。
だけど
CASIO
というだけで
選ばれません。
こればブランディングの意味。

 

 

では、ゴーシ先生の腕時計はどうかと言うと…
大学時代は
いろんなG-SHOCKをつけていました。
(どこにいったんだろう?)

 

今手元にあるのは
右から順に
就職してすぐに買った
電波時計の初期
『WAVE SEPTER』。

f:id:kab-log:20190102151733j:plain

 

 

次に
おふくろが
「もう、あんたはお金もっとるけん
 私が買ってあげるものもない。
 最後のプレゼント」
と言って買ってくれたオメガ。

 

しかし!
このオメガ…。

 


つけていると、
時計を知っている人は
「いい時計してますね」
と言ってくれるのですが
機械式の自動巻き上げなので
平気で時間が狂う。

時計好きな人は
「それがかわいい」
とか言いながら
メンテナンスに出すそうなのですが
時間が命の
講演やWSをやっているゴーシ先生からすれば
命取り。

 

で、絶対に時間が狂わない
GPS ソーラーの
astronを購入。
ちょっとレアな白地

全然、それで満足で
ずっとそれをつけ続けていたのですが
なんかしっくりこない。
チタンのハイテク過ぎて
軽すぎ。

 

 

で、
年末、CITIZENから
「地球」をモチーフにした
SATELLITE WAVE GPS
世界で1500本しか
ないらしい。


ということで
(酔っぱらった勢いもあり)
amazonでクリック。
で、届きました。

 

見た目、
バンド、ウレタンだし
OMEGAより
全然、チープ(笑)!

 

f:id:kab-log:20190102151805j:plain

f:id:kab-log:20190102162626j:plain





 

ゴーシ先生にあった人は
とりあえず
「いい時計していますね」
って褒めとけ!

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓