文蔵焼き

12/13(木)、14(金)は
結婚アテンダント養成講座。
朝一で東京へ。

 

富士山が宇宙の中にたっていた。

f:id:kab-log:20181213075941j:plain

 

結婚アテンダント養成講座、
2日間連続で、10時間と言う
ハードワーク。

 

1日目終了後
スタッフの皆さんと会食。

新宿センタービル、地下の居酒屋
『鍛冶屋 文蔵』へ。

 

一応、講師なので
スタッフの皆さんが気を使ってくれて
「とりあえず、刺身の盛り合わせでも…」
「刺身いらないです。糸島のほうが絶対に美味い」
「馬刺しとか…」
「馬刺しいらないです。毎月、熊本に行ってます」
「……じゃぁ、『ぶっかきマグロの中おち』でも…」
「それお願いします。それは糸島では食べれない」

 

で、出てきたのがコレ↓

f:id:kab-log:20181213183814j:plain

 

お~、大迫力。

これを、ぶっかいて…

f:id:kab-log:20181213183819j:plain

 

完成。

f:id:kab-log:20181213183933j:plain

 

美味いし、
エンターテイメントとしても面白い。

 

できれば
九州醤油で食べたかった。


これから
東京に行くときは
醤油持参で行こう。

 

そして、この店の名物
「文蔵焼き」。

スパイシーな辛みタレに
鶏肉を漬け込み焼いたもの。

 

f:id:kab-log:20181213185423j:plain

辛いとは聞いていたけど
予想をはるかに超える辛さ。

頭から汗が出るほど。


めっちゃ辛い。
でも、やみつきになる。

 

調べてみたら

で再現できるらしい。

 

今度作ってみよう。

 

f:id:kab-log:20181214085845j:plain

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓