巨大真蛸祭

今日(12/8)の夕方からは
大入公民館で
大入新住民を中心とした忘年会。

一品持ち寄り形式。

おとちゃんが
カボチャのタルトを作ると言っているので
佐藤家はそれでOKなのですが
一応、ゴーシ先生なので
ちゃんと作ったほうがよかろうかと。

 

刺し盛りでも作ろかな
と思って「福ふくの里」に行ったら
時化のため、魚ほぼゼロ。

 

しかたなく
生簀にいた
超巨大天然真蛸3500円を購入。

 

そしたら
本気で超巨大だった。

 

塩でぬめり取するために
ボウルに入れたら
巨大ボウルの2/3が隠れるほど。

 

f:id:kab-log:20181208115746j:plain

 

写真じゃ、大きさが伝えづらい!

f:id:kab-log:20181208120312j:plain

 

これ、デパートなら
万レベル。
というか、デパートでは
売ってないレベル。

 

直売所でも
誰も買わないレベル。

 

 

やわらかく湯がくために
お茶葉をいれて湯がきますが
巨大鍋の蓋がしまらないほど。

 

f:id:kab-log:20181208120554j:plain

 

冷水で洗って
冷やして…

 

大きさを分かりやすくするために
顔との比較写真を
音ちゃんに撮ってもらいました。

f:id:kab-log:20181208131221j:plain

 

足一本、このサイズ。
親指の何倍も太い。

 

f:id:kab-log:20181208123242j:plain

 

すごく大きなガラス・タッパーに入れるも
足2本入れて終わり(涙)

f:id:kab-log:20181208123400j:plain

 

頭の部分だけでも
これくらいの量。

 

f:id:kab-log:20181208124232j:plain

 

とりあえず、
頭部分の半分で
「タコ飯の素」を作り。

 

f:id:kab-log:20181208125005j:plain

 

ここまで煮つめ

 

f:id:kab-log:20181208140723j:plain

 

朝ご飯の残り(冷や飯)に
混ぜ、ゴマをかけて完成。
絶品、タコ飯。

 

f:id:kab-log:20181208141147j:plain

 

刺身ひきます。


薄く引いても、
一切れが、アホみたいにデカイ。
一枚食べて、お腹いっぱいになるレベル。

f:id:kab-log:20181208161826j:plain

 

スケール感が分からないと思いますが
これウチで最大の大皿ですからね。
刺身2枚で半径がいっぱいになる。

 

f:id:kab-log:20181208161842j:plain

 

残った足先もでかく食べ応えがあるので
大根を下茹でし
タコの足先をすべていれ
おでん風煮込みに。

f:id:kab-log:20181208163649j:plain

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓