糸島ラーニング・バル、始めます!

f:id:kab-log:20181126160909j:plain

これからの時代を生き抜くには
アンラーニング(学習棄却と学び直し)が必要。


そのためには
社会にもっと学びの場が必要。
大人塾やママ塾もその一環ですが
もっと楽しい学びの場があってもいい。

 

そう思ってたら
東京大学の中原先生が
「ラーニング・バー」
をやっていると知り
それはいい!

「糸島ラーニング・バル」
やったらどうだろう。

 

ゴーシ先生がファシリテーター
毎回、一名、ゲストを招き
その人から話題提供をいただく。
そのあと、質疑応答や対話。

ゲストの飲食費を
参加者全員で持つというような仕組みにして…。

 

思いついたら即行動。
ただ、あまり時間がないので
かっちりとしたイベントにはせず
ゆるっとスタートしたいと思います。

 

糸島ラーニング・バル#1
日時:2018年12月4日(火)18:30~
場所:駅前のバル
   (糸島市 前原中央 2-1-21 駅前ビル 1F)
飲食費:4000円~5000円(人数次第)
定員:最大15名

 

第1回目のゲストは江崎恭志さん。
糸島、福岡の海の恵みを
最大限享受した、
幸せお魚ライフを送っています。
(野生のスッポンをとって、捌いたり)
そんな、幸せお魚ライフを送るコツと
ちょっと真面目に福岡県の漁業について
皆で飲みながら学びたいと思います。


参加希望者は、
このコメント佐藤剛史まで
メール、メッセージください。

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓