「ゴーシの食卓」やっちゃう?

宮崎から大急ぎで帰ってきたら
子どもたちは遊びに行ってておらず
18:30帰宅予定とのこと。

 

しかたないので
お腹を減らして帰ってくる子どもたちのために
家にある食材で
料理まつりを開催することに。

 

まず、ご近所の農家さんからいただいた
大量のナスを使ってミートソース。

f:id:kab-log:20181103181613j:plain

 

先日、作った大量のヒジキ煮も
(子どもたちの大好物)
3日もすると飽きるので
卵焼きに。

 

f:id:kab-log:20181103181626j:plain

f:id:kab-log:20181103190928j:plain

 

よし次は…

 

なんて考えていたら
田舎の恐ろしいところ。

 

ピンポンが鳴って
玄関に出ていくと
「遅くにごめん、食べて~」
と釣れたばかりの巨大鯛。

f:id:kab-log:20181103181829j:plain

 

これは…

まず、鯛から片付けなければ…

 

と、3枚におろし
アラは出汁をとり。

 

f:id:kab-log:20181103183403j:plain

これ明日、朝、絶品アラ汁になります。

 

トロの部分は
塩を振って塩焼きに。

f:id:kab-log:20181103192110j:plain

これは今日の夕食。

 

 

背身、腹身は
サクにして
皮を炙り。

f:id:kab-log:20181103182934j:plain

f:id:kab-log:20181103183015j:plain

 

 

刺身にして
(ヅケにするので平皿にキレイに盛り付ける必要はなく)

 

f:id:kab-log:20181103192621j:plain

 

ネギをみじん切りにして
ゴマをすり
刺身醤油をかけヅケに。

 

f:id:kab-log:20181103192859j:plain

 

最近
「魚の捌き方、教えてほしい」
とか
「ゴーシ飯、食べてみたい」
なんて声をよく頂きますので
「ゴーシの食卓」として
ちゃんとパッケージ作ろうかな。

その前に
「オンラインサロンを作ってコンサルしてほしい」
と言う声をいただいています。

とすれば
「ゴーシの食卓」は
オンラインサロンの特権にするとか
いろいろ考えたら
楽しくなる。

 

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓