子どもはしなやかで強い

www.goshisato1973.info

 

次なる問題は
この鶏肉をどうするか。
子どもたちに食べさせるか。
子どもたちは食べるのか。

食べやすいように
形が分からないように
トマトの煮込みにでもしようかなんて
考えながら
糸島大人塾が終わり
家に帰ると
(みんな既に就寝)
皿の上に、「骨」。

あ~
キレイに食べたんだ~
でも、なんで、骨、捨ててないと?
なんて思いながら、翌朝(今朝)。

 

「今日は鳴き声静かやね」
と言うと
「そりゃ、ピピがおらんもん」
と普通に答える。

パパは気を使って
「ピピ」
という名前を使わないようにしていたのに…

 

子どもは
大人が思う以上に
しなやかで強い。

 

「と、ところで、
 昨日、鶏肉食べたと?」
と聞くと
元気に「食べた~!」
おそるおそる「美味しかった?」
と聞くと
元気に「美味しかった!」

 

聞けば
ハーブソルトで焼いて
食べたらしい。

 

モロやん。。。

 

子どもは
大人が思う以上に
しなやかで強い。

 

学校に行く前、
「お墓作る~」
と言って
玄関前の花壇を掘り出す。

f:id:kab-log:20180905071744j:plain

 

で、骨を埋め
パパが墓石を探してきて
お墓を作り
手を合わせる。

 

f:id:kab-log:20180905071832j:plain

 

そしていつもどおり
何事もなかったかのように
元気に登校。

 

子どもは
大人が思う以上に
しなやかで強い。

 

 

 この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓