和牛のお話②

www.goshisato1973.info

のつづき。

 

 

和牛を育てる農家は
大きく、「繁殖農家」と「肥育農家」に分けられます。

繁殖農家とは
母牛を飼育し子を生ませ、
子牛をセリ市場に出荷するまで育てる農家です。
子牛は約9か月間育てます。

 

肥育農家とは
セリ市場で9か月の子牛を購入し
約20か月育て(合計30か月)
肉牛として出荷する農家です。

 

繁殖、肥育それぞれ
必要とされる技術が異なるので
基本的には分業したほうが
効率的でしょうし
人口が増え
消費量が増える
成長社会においては
それでいいのでしょう。

 

しかし、成熟社会になると
根本的なジレンマが露呈します。

例えば
子牛の値段が上がると
繁殖農家は儲かりますが
肥育農家は経営が苦しくなるのです。

f:id:kab-log:20180903140253g:plain

その結果、
肥育農家が潰れたとすると
今度は、子牛の需要が少なくなり
子牛の価格が下落します。
そうすると
繁殖農家の経営が苦しくなり
繁殖農家が潰れます。

f:id:kab-log:20180903140310j:plain

 

これが市場原理であり
市場価格はそうやって決定されますが
問題は、
「じゃぁ、価格が上がったから」と
新規参入できるかと言うと
資金的にも技術的にも
なかなか難しい。

 

 

ゴーシ先生なんかは
黒毛和牛、サシ入り肉一辺倒の
価値観、生産流通体系がよくない
それをブチ壊せばいい
なんて簡単に考えてしまいます。

 

実際に、赤身もブームになっています。

 

しかし、
世の中そんなに
甘いものじゃありません。

 

県の畜産試験場
農林水産研究センターとかを見て
よくわかりました。

 

(つづく)

 

 この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓