26年前の大学1年生

4/2(月)、朝一で
ある大学で新入生対象の特別講演会。

 

f:id:kab-log:20180402101455j:plain

テーマは
(生協のミールカード活用のための)『食育』
でしたが
冒頭にこんなお話をしました。

 

私が、大学1年生として
そちら側の席に座っていたのは
26年前です。

皆さんと同じように
4年間の大学生活に
ワクワクドキドキしていました。

 

でも、当時と
今は、全く与えられている環境、可能性が違います。

 

隣にいる学生さんと比べれば
それは
26年前も
現在も同じです。

 

でも、絶対的な可能性が違います。

 

26年前は
SNSがありませんでした。
メールもありませんでした。
パソコンがありませんでした。
インターネットもありませんでした。

正確にはあったと思いますが
大学1年生がそれを使えるほど
普及していませんでした。

当然、スマホもありませんでした。
デジカメもありませんでした。
クラウドファンディングもありませんでした。

 

皆さんからすれば
「どうやって生活していたのだろう?」
と思ってしまうほどでしょう。

「そんな環境だったら何もできないじゃん」
と思ってしまうほどでしょう。

 

そう、皆さんは
何でもできるのです。
その環境と可能性が与えられています。

 

例えば、
イベントを一つやるにしても
チラシを手書きして
(まぁ、持っている人は『書院』とか『文豪』とか
 ワードプロセッサで作成して)
それを白黒コピーして
掲示板に張ったりで限界。
当然、お客さんは集まりません。

今じゃ、
クラファンやって資金調達して
ネット印刷サイトにアクセスして
フォーマットに入力して
格安でカラー印刷して
facebookでイベントページ立ち上げ
twitterで拡散して
参加者管理のために申し込みフォーム作って
当日の様子は
写真にとってblogにupし
動画に収めてyoutubeにupし…

…それが広告収入を生み出し、、、

 

と、何でもできます。

 

ただし、重要なのは
その可能性は「やる」人間にしか
与えられていないということです。

「やらない」人間には
可能性は可能性の意味を持ちません。

 

さらに重要なのは
それだけの環境と可能性が整えば
「差」が広がるということです。

 

産業を考えればわかりやすいのですが
農業とか漁業とか第1次産業の場合、
できる人とできない人との間に、
2倍の差は生まれません。
同じ時間で2倍耕すとか
同じ土地で2倍収穫をするとか
できないからです。

 

でも、工業、第2次産業
サービス業、第3次産業
となると差は拡大していきます。

さらに情報産業、IT産業となると
さらに差は拡大します。

 

分かりやすい例でいえば
アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏の資産は11兆円。

ものすごい差です。

 

でも、やる人間には
その可能性が与えられているということです。

 

正直、44歳の私からすれば
皆さんが羨ましい。

 

もし、自分が18歳で
これから大学4年をスタートさせようとしているのであれば
もう、あれもこれも
何でもするはずです。

「大学生だからできない」
とか
「まだ子どもだから」
とか関係ありません。

 

大学生でもできます。
イベントだって、
起業だって
本の出版だって
お金を稼ぐことだって
社会的知名度を手に入れることだって
何でもできます。

 

「大学生だからできない」
じゃなく、
やればむしろ
「大学生なのにスゴイね」
ってなります。

 

人生はやるかやらないか。
昔はやろうと思っても
いろんな制約要因が多すぎました。
実際にはできないこともありました。

今は
やる気と工夫と行動力で
何でもできます。

その環境と可能性は与えられています。

 

やる人生を。

すばらしい大学4年間を。