『31歳6人子育て 山口家のワクラク子育て術』、無事終了!

ゴーシ先生がナビゲートする
『31歳6人子育て 山口家のワクラク子育て術』
無事終了しました。

f:id:kab-log:20180124164121j:plain

山口紫織さん
無事、講師デビュー。

 

会場には
山口さんのお友達がたくさん集まってくれて
とてもあたたかく
アットホームな雰囲気で
山口さんもリラックスして
お話しできたと思います。

f:id:kab-log:20180306102644j:plain

 

参加いただいた皆さんに
感謝です。

f:id:kab-log:20180306102119j:plain

 

山口さんのお話も
笑いもあったし
金言もちりばめられられていて
よかった。

 

デビュー講演としては
十分、合格点。

 

ただ、さらなるクオリティ・アップを目指すならば…

 

その①
「このスライドでは何を話す」
と固めてしまう。
事前に何を話すか
というmemoは作ってきてはいましたが
それでも、まだ
「いきあたりばったり」感
がありました。

 

その②
「1スライド=1メッセージ」
を徹底する。

1つのスライドで
あれも、これもと話してしまい
結局、何がいいたいのか
明確に伝わらなくなってしまう部分がありました。

また、あるスライドでは
すごく長く時間を割き
あるスライドは
サラッと流してしまうというムラがありました。

 

その③
「ネタの充実」。

話を聞いていると
「家事の役割分担の表が見たい」
「お小遣い制度の詳細が知りたい」
と思う場面がありました。
家事の役割分担の表とかを
写真にとっておき
pptに盛り込むといいでしょう。

 

 

その④
「山口家だからできること、一般化できること」
を分けて話す。

聞いていると
「それ、山口家だからできるんじゃん」
「それ、そんな夫だからできるんじゃん」
と思われてしまったらもったいない。

誰でもできる、工夫とかを
整理して話すと
聞いていただいている皆さんも
納得感が高まります。

 

その⑤
「シーンを積み重ねてストーリーを創る」。
これはなかなか難しいことですが
60分、90分という
講演時間にストーリーを作る必要があります。

今回は、ゴーシ先生ナビゲートだったので
最初と最後にムービーを織り交ぜ
ストーリーを作りましたが
一人でそれができるようになる必要があります。

f:id:kab-log:20180306102833j:plain

 

まぁ、こうしたことを
私ができているのは
年間100本近く
講演している成果です。

ただ、これができるようになれば
年間に相当数の講演ができる
クオリティになるということです。

 

可能性は広がっています。

 

よく考えれば
半年前は
PCも持ってない
pptも作ったことがない
講演内容もまったくなにもない状態。

 

わずか数ヶ月でここまでできたのだから
この努力を続けていけば
もっともっと可能性は広がっていきます。

f:id:kab-log:20180307094647j:plain