年末・年始読書、その2

先日
「SCノート・トレーナー養成講座」
を開催した際、
参加者(IT系人事部)の方から
『1 on 1 ミーティング』
なるものを紹介していただきました。

f:id:kab-log:20171217152533j:plain

 

その場で注文。

 

こういうのが必要となる
背景はこうな感じでしょう。

  • 上司と部下の飲み会の減少。

www.sankei.com

  • 連絡はメール、メッセージ中心。
  • プライベートなことを聞くとハラスメントと言われ…
  • 離職率、転職率の増加。
  • 個人事情の複雑化、多様化。

等々で、上司と部下の関係がうまくいかなくなり
組織不全、人材マネジメント不全に陥っている…

 

そこで、
月に一回、30分、職務時間内に
上司と部下が仕事以外のことについて
対話しようというのが
『1 on 1 ミーティング』。

 

アメリカ・シリコンバレーでも
文化として根付いているそうです。

「1on1ミーティング」とは? - 『日本の人事部』

 

読んでみると
人材マネジメント分野に関して
非常に勉強になります。

 

ただ、
「準備物:お菓子」
みたいな
「そんなことまで!」
という感じ。。。

 

かつ、肝心な
上司が部下に
どんな質問をすればいいのかが
全く書かれておらず…

 

その点で
SCノートはすごく役にたつはずです。

『1 on 1 ミーティング』という手法と
『SCノート』というプロダクトを
パッケージにすれば
すごく可能性があるかも。

f:id:kab-log:20180103124750j:plain

 

どこかの企業に営業してみよう。

 

 

シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―

シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―