アナゴ捌き

直売所「福ふくの里」に行ったら
アナゴが安かった。

 

一尾300円。

ただし調理(さばき)不可。

迷わず購入。

f:id:kab-log:20171224100912j:plain

 

屋外調理用の
木製の巨大まな板を
洗って台所に持ち込み
釘と金づちを準備。

f:id:kab-log:20171224101430j:plain

 

で、目打ち。

f:id:kab-log:20171224101549j:plain

 

包丁の先で
背骨を感じながら
一気にと言いたいところだけれど
なかなか一気にとはいかないまでも
背開き。

 

f:id:kab-log:20171224101804j:plain

 

内臓を取り出し
骨の下の部分の包丁を入れ
骨をそぎ取っていきます。

 

f:id:kab-log:20171224101953j:plain

 

はい、骨がきれいに
取り外されました。

 

で、これを2尾やって。

f:id:kab-log:20171224102129j:plain

 

煮つけように切って

f:id:kab-log:20171224102816j:plain

 

骨と頭で出汁を取って

f:id:kab-log:20171224102756j:plain

 

煮つけます。

f:id:kab-log:20171224104214j:plain

 

回転ずし的な
普通の
アナゴの煮つけイメージよりも
上品でふわッふわッ。

 

とらじろうは大好物で
パパとしては
もうちょっとしっかり
味が染みて完成
なんて思っていたのに
今日の昼ごはんに
ほぼすべて食べてしまいました(笑)