地雷、踏みかけたわ!

先日、大阪のある中学校で講演を行い
その後、感謝のメールが届きました。

f:id:kab-log:20171124143007j:plain

 

そしたら、その一節。

 

〇〇市の性教育は15年ほど前に国会で議論され
バッシングを受けてから…

 

なに!?

そんなことがあったの?

 

調べてみると…

(あくまでも2005年の記事ですよ↓)

plaza.rakuten.co.jp

 

当時は、大変だったでしょうね。

 

さて、メールの続きです。

 

講演途中で「生教育」の内容になり始めた時に、
内心不安を覚えました。
ですが、
「このようなアプローチの仕方やデータの示し方もあるのだなあ」
と圧巻でした。

 

はい。

 

性教育ではないです。

生教育です。

命の神秘、命の奇跡
そして命がけで赤ちゃんを産む
母親の気持ちを伝えています。

 

佐藤先生が講演を通じて、
家族や親について、
自分の将来について、
様々投げかけてくださったことを共通話題にできたのが、
とても幸せなひとときでした。

投げかけてくださった内容は
一生もん(生涯にわたる健康)でしたので、
この先にも娘の人生に生かされるものとなるだろうと
感謝しております。

 

よかった。

 

地雷踏むところだったわ!