理解と思考の広げ方②

芭旺君は
『見てる、知ってる、考えてる』
の中でこういうことを言っています。
 
起こった出来事は一つだけど
その気分は自分の変換機ひとつで
すべての意味が変わってくる。
 

 

「馬鹿」という言葉にしても
それはいいことでもないし
悪いことでもない。
言葉に意味はない。
言葉に意味を作るのは自分だ。

 

 
物事に重さはない。
ただ、その人が「思い」と感じている。
ただそれだけ!

 

 
これ、
なかなか深くて
現象という100%事実があるとしても
それを認識、理解できるのは
自分次第なのであって
自分の認識、理解方法では
100%事実の現象だって
事実じゃなくできる
というようなことを
言ってるのだと思うんです。
 
この思考方法のすごさを
なんとか理解しやすいように
表現したいと
5段階のゴーシモデルを考えてみたのでした。

f:id:kab-log:20170919200625j:plain