プサン旅行記⑨-海雲台・水族館-

朝食後は地下鉄で
海雲台(ヘウンデ)まで移動。

地下鉄は1日乗り放題券を購入。

f:id:kab-log:20170819090218j:plain

どこの国でも、みんなスマホ

でも、
とらじろう
しらないおばちゃんに
韓国語でめっちゃ話しかけられてた(笑)。

 

海雲台、到着。

海雲台は高層ビルが多く
ある意味、福岡市より
近未来的。
f:id:kab-log:20170819094613j:plain

 

ヨメ、「ぽっちゃり三枚肉」にハマる。

 

f:id:kab-log:20170819091545j:plain

 

海雲台
有名なビーチ観光地。

f:id:kab-log:20170819095744j:plain

 

で、水族館へ。

触れ込みによると
シーライフ/プサンアクアリウム
韓国最大級の水族館。

入館料は
大人:29,000ウォン
小人:23,000ウォン
と結構高め。
家族4人だと1万円近くなる。

しかし、ネットでクーポンを
DLして見せれば
かなり安くなるという
これも韓国文化?

さて、シーライフ。

f:id:kab-log:20170819103808j:plain

f:id:kab-log:20170819100942j:plain

f:id:kab-log:20170819101142j:plain

 

はっきり言って雑です。

 

上記写真ではわかりませんが
ガラス(アクリル)も
傷がついていたり、
水滴跡が残っていたりして雑。

大水槽では
魚の密度が薄い。

そして
研究性とかアカデミックさが
日本に比べてないです。

 

日本の水族館は
こうやってみると
本当にレベルが高い。

 

ただし、
逆にエンターテイメントが充実していて
子どもたちは喜びます。

 

モーションセンサー
タッチパネル
霧へのプロジェクションマッピング

f:id:kab-log:20170819101500j:plain

f:id:kab-log:20170819102250j:plain

f:id:kab-log:20170819105806j:plain


韓国の水族館スタッフは
日本に学んだほうがいいな。

でも、日本の水族館スタッフも
アカデミックさに縛られすぎることなく
もうちょっと楽しさを学んでもいいかな。