「自分たちの力で実現しよう!」という本気

親戚から電話がかかってきました。

 

福岡、熊本、佐賀でやる予定の
「ゴーシ先生の学力・読書セミナー」
をウチの市でもやってほしいと言います。

www.goshisato1973.info

 

「どうすれば開催できるの?」
と問われたので
①メールで日程調整し
②会場を予約し
③頑張って広報し
④参加費2000円/人を最低20人集める
と説明しました。

 

とすれば
会場費・諸経費1万円
講師謝金3万円
で4万円。

 

 

そうしたら
「来年度の予算、補助金を…」
なんて言い出したので
(親戚だからこそ)
説教しました。

 

 

補助金とか
行政予算に頼ったらダメ。
たかが2000円。
田舎の人たちは
「人の話を聞くのにお金を払う」
という文化がないことは知ってる。

 

だけど
2時間のセミナーで2000円。
1時間1000円。
ゴーシ先生の話って
そんな価値もないの?
ってこと。

 

さらに言えば
「あなたの1時間の投資価値は
 1000円もないの?」
ってこと。

 

私もイベントプロデュース経験は
たくさんあるので有料にすると
集客が難しいことは
十分知ってます。

 

だけど、
本気になれば
2000円、20人くらい集めれるよ。

 

本気で広報集客すれば
「あの人があそこまで言うんやけん」
という人が20人くらいはいるよ。

 

それができないって言うことは
むしろ
そんな人間関係しか
形成してないの?
ってこと。

 

本気でやってごらんよ。

 

もし、10人しか集客できなかったら
1、2万、自腹切ればいいじゃん。
この企画、広報、運営プロセスは
それ以上の価値があると思うよ。

 

だって
それから先の人生が変わるよ。
「これくらいのイベントなら
 自分で企画・運営できる!」
って経験と自信が身について
実際にどんどんできるようになる。

 

福岡、熊本、佐賀だって
普通のママだけど
こんな経験を経て
どんどん変わっていってる。

 

で、俺だって
お金のためにやってるんじゃないんだから
本気で集客して10人しか集まらないんだったら
それでいいよ。
自腹切らしてまでも
お金もらおうと思わない。

 

無料の100人よりも
「ゴーシ先生の話はお金を払う価値がある」
と思ってくれる人が
集まってくれたほうが嬉しい。

 

子どものため
社会のため
未来のため。

大切なのは
「自分たちの力で実現しよう!」
という本気。

 

さぁ、どうする?

 

 


どうなるでしょう。
大人塾やママ塾メンバーなら
0.3秒で「yes」か「はい」ですが(笑)

 

 

親戚からの連絡が楽しみです。