山村塾、アイガモの進水式

今日は「山村塾」の
アイガモの進水式へ。

 

正直、この光景
この作業は
大学院生の頃から
何回もしているけど
やっぱり美しい。

f:id:kab-log:20170618105921j:plain

なによりも
おとちゃん、とらちゃんが
アイガモの雛と触れ合って
喜んでくれたこと。

f:id:kab-log:20170618122812j:plain

 

でも、最大の感動は昼食時。

 

今日は、四季菜館の前の神社で。

 

樹齢数百年の大クスの下に
ブルーシートを敷き
みんなで昼食。

f:id:kab-log:20170618131825j:plain

なんか感動しました。

 

たぶん、数百万年前から
私たち人は
こうやって
みんなで食を共にしています。

 

京都大学総長で
ゴリラ研究の第一人者
山極寿一先生は
ヒトというサルと
他のサルが違うのは

・食を共にすること。
・一緒に子育てをすること。

と明確に言われています。


SWITCHインタビュー達人たち 2015年8月15日 ゴリラと会話できる京都大学総長・山極壽一が、探検家が憧れる探検家・関野吉晴と語り合う!

 

この大クスはそれを見守ってきているわけです。


なんか感動しました。