人生ROCKなんで

自家用車CX5は
よくLIVE HOUSEになります。

講演や授業というLIVE前に
道中、LIVE DVDをガンガン流し
テンションを上げたりします。

 

かなりの数の音楽DVDを載んでますが
最近、飽き気味。
ということで
DVDをamazonで購入。

 

ゴーシ先生がギターを弾き始めた
音楽の原点に戻って
BOOWYの『LAST GIGIS』。

 

それから、幅を広げるために
サザンの『胸熱完全版』。
(MCが超勉強になる)

 

『LAST GIGIS』は
昔の裏ビデオのような画像で
良くも悪くも
若かりし頃の情熱に
火を着火させてしまいました。

 

 

 

で、九大では
夏学期が始まり
今日から、
「基幹教育セミナー」
スタート。

 

これまでは
毎年、婚学をやっていたので
新入生と接することが
当り前でした。
そこに何も感じていませんでした。

 

しかし、2017年度は
婚学開講不可。
それについて詳しくはコチラ↓

www.goshisato1973.info

 

 

 

で、基幹教育セミナーがはじまり
60分は合同クラスだったのですが
残り30分は個別クラスへ。

f:id:kab-log:20170612200210j:plain

17名の学生さん。

 

「大学に入って2か月です。
 正直、期待どおり、期待以上と思う人?」
と問うと2名。

「正直、期待外れ、と思う人?」
と問うと15人。

どんなところが期待外れかを聞き
それに対する解決方法を提示しました。
わずか10分ですが。

 

その感想。

 

 

「大学は正直今までつまらなさを感じていたし、
 そのことが自分の意志の弱さから来ていることも
 分かっていたのですが、
 先生に言われて何とかしたいと思った」

 

「まさか、月5に
 こんな熱い授業が聴けるとは思っていませんでした」

 

「大学生活があまり楽しくないと思っていた考えを
 改めようと思いました。(中略)
 これから先、変えようと思えば変えられることもあって
 いやいや過ごしていくのは自分の人生にとって
 すごくもったいないと思いました」

 

「今日の話を聞き、
 自分で自分のための時間を作ることの大切さに
 気が付きました」

 

農学部で専門のことが学べず、
 授業が面白くないと思っていました。
 先生の話を聞いて
 自分がやっていないだけだと思いました」

 

「大学に入って
 一人一人向き合ってくれる先生がいなかったので
 今日の話はとてもうれしかったです」

 

「日々、単調な生活を
 何も考えずに過ごしていることが
 すごくバカらしいと感じました」

 

「先生の学びの姿勢、
 というより人生の姿勢に感銘を覚えました」

 

わずか10分。

 

すっげー嬉しかったです。

 

ゴーシ先生、やっぱり、教育好きだ。

 

 

再び、大学教育の情熱に
火がついてしまいました。

 

 

全一年生が授業する
シラバス、指導案が定められた
一律的授業なので
(どの教員がやっても同じ授業になる)
派手にやると
佐藤剛史には基幹教育セミナーは
 担当させられない」
なんてお達しが来るかもしれないけれど
どうせ火が付いたらな
成層圏を焼き尽くすまで熱くいこう。

 

新一年生3000人中
最高の基セミ17人にしよう。

 

 

人生、ROCKなんで。