九州地区特別支援学校・知的障がい教育校  校長会・PTA連合会 大分大会

人生が変わるほどの2日間でした。

 

今日(6/2)の午前は
「九州地区特別支援学校・知的障がい教育校
 校長会・PTA連合会 大分大会」
での講演でした。

 

昨晩は、情報交換会という名の懇親会。

 

それが
とにかく楽しく
底抜けに明るく
最高に幸せでした。

f:id:kab-log:20170601201112j:plain

 

正直に言うと
「障がいは個人の問題ではなく
 社会が生み出している」
みたいな議論とか
「こんな人権侵害があった」
とかいうような報告が
各テーブルで行われている
みたいなことを
勝手に予想していました。

 

しかし、実際には
各県ごとの余興大会。
それを他の県が真剣に応援したり
もう会場一体となって踊ったりする。

 

ちょっと考えられないような
時間、空間でした。

 

「こんなことやったら恥ずかしい」
とか
「こんなことやったら笑われる」
なんて感情が一切なし。
みんな突き抜けてる(笑)

 

とにかく楽しく
底抜けに明るく
最高に幸せでした。

 

 

この先生や保護者は
いろんな現実を知っているから
だからこそ
すごく優しくて
あたたかくて
相手を認める意味を知っていて
助けを求める意味を知っていて
支えあう、協力することを知っていて
底抜けに明るい。

 

この人たちを
徹底的に応援する。
これからの社会をhappyに生き抜く力は
ここにある。

 

そう思って
飲み会の際中に、memoを作り始めたら
興奮してきました(笑)。

 

実は、講演は
鉄板ネタをやろうと思っていたのですが
「この人たちを徹底的に応援する」
って決めて
都町の誘いも断って
ホテルの部屋で新規プレゼン資料作成。

 

「これからの社会とそこに求められる人材」
というテーマで新規資料を作り
ぶっつけ本番で講演しました。

 

これからの社会はどうなるか
これからの社会に求められる人材とは?
というお話をさせていただきました。

 

成長社会の
失敗しない
オールマイティー
多数派に属し
常識やルールを守れて
苦手なこともコツコツ努力する
失敗しないように正解を探し続ける
学歴人材じゃない。

 

失敗できて
スペシャリティがあって
常識やルールを疑い
少数派恐れない
常識やルールを疑い
好きなことなら没頭でき
思いついたらすぐ行動してしまう
そんな人材。

f:id:kab-log:20170602213030j:plain

 

もしかしたら、それは
特別支援学校・知的障がい教育校
にいる子たちかもしれません。

 

そんなお話をさせていただきました。

 

そして、すごく喜んでいただきました。
(と思ってます)