平尾台自然の郷キャンプ場

「おとちゃん、今度の土曜日、何して遊ぶ?」

と聞くと

「キャンプ行くよ~」

「え…?」

「あれ、前、言ったと思うけど、土日でキャンプ行ってくるけん」

「あ、そ~ですか」

 

私は、アウトドアは好きなのですが
キャンプには全く興味ありません。

 

自然豊かな糸島
広い庭のある我が家に住んでいるのに
なぜわざわざ遠くに出かけ
寝心地の悪い寝袋で寝る意味が解りません。

 

一生のうちで
寝ることができる回数は決まっています。

とすれば、
しっかりとした睡眠をとれる環境で寝たいのです。

(現実的には、コンタクトを外すと視力がほぼゼロなので
 見知らぬ場所の屋外のトイレにいけないのです)

 

ということで、
子どもたちも
「パパはキャンプには来ない」
とはっきり理解しています。

 

とはいえ、終日、一人で過ごすのは寂しいので
2台の車で
平尾台自然の郷キャンプ場へ。

 

行ってみると
サイトはきれいで
草スキーもあって
公園も広く
「きたぽっぽ」という
循環トレーラーが園内を走っていて
とってもいい。

帽子をかぶせてくれるサービスもあり(笑)

f:id:kab-log:20170523140121j:plain

で、午前、午後と思いっきり遊び
15:00になったので
パパだけ帰途につきましたとさ。