祝! 四季菜館、20周年記念!!

今日(4/15)は、黒木の
『四季菜館』20周年記念partyに出席。

 

私が初めて四季菜館を訪れたのは
できて3年くらいの頃だったので
17年間、関わってきたことになります。

 

懐かしい面々との再会。

 

というよりは
当時、若かった面々は
結婚し、子どもができ
その子ども同士が四季菜館で遊んでいます。

しみじみと感動。

f:id:kab-log:20170415141053j:plain

f:id:kab-log:20170415135829j:plain

当時、2歳で
『合鴨ブルース』(ゴーシ先生作詞作曲)
を踊っていたまいちゃんは
もう大学生。

 

17年という月日を感じます。

 

さて。

 

乾杯前の盛り上げ係として
佐藤ヒロシ、佐藤ゴーシの
W佐藤でミニ講演をすることに。

椿原さんに
「農村が元気になる話をして」
とリクエストされていたので
若いころのゴーシ先生が四季菜館にいかに救われたか
なんて話をしようと思っていたら
ヒロシさんが全力で
「あいうべ」の講演ネタ披露(笑)

負けちゃおれんと
私も全力で講演ネタを披露しました(笑)

結果として
大満足いただけたと思います。

 

 

それにしても四季菜館の
料理は美味しくて美しい。

今日は
皿もコップもテーブルライト(灯篭)もすべて
手作りの竹製。

竹コップも
ビール用と日本酒用の
2種類が準備され
すべて面取りがされています。

f:id:kab-log:20170415105031j:plain

f:id:kab-log:20170415104901j:plain

f:id:kab-log:20170415105113j:plain

f:id:kab-log:20170415105123j:plain

f:id:kab-log:20170415105338j:plain

四季菜館が本気を出すとここまでやります。
美味しく食べるためには
自分たちが楽しむためには
ここまで全力でやります。

20代のゴーシ先生は
こういう方々に育てていただき
今があります。

f:id:kab-log:20170415125900j:plain

f:id:kab-log:20170415143713j:plain

f:id:kab-log:20170415125926j:plain

四季菜館、20周年
本当におめでとうございます。
椿原さんをはじめ
関係者の皆さま、本当にお世話になりました。
これからもよろしくお願いします。