山村塾の左義長

初めて、山村塾、四季菜館を訪れたのは
25か26のとき。

f:id:kab-log:20020616105718j:plain

 

大学院生のときだ。

そして小森君と出会う。

大学院生の私と
大学を出たばかりの小森君。
お互い若く、里山で大騒ぎしていた。

 

楽しくお酒を飲んで
『I got more bluesー合鴨ブルース-』
って曲を作って
ギターを弾いて
みんなで踊りまくっていた。

f:id:kab-log:20031109142043j:plain

当時、宮園さんちの
まいちゃんは2、3歳で
『I got more bluesー合鴨ブルース-』
が大好きで
私のコトを
「ガモガモにいちゃん」
と呼んでいた。

 

そして
今日、久しぶりに
山村塾の左義長に参加した。

 

相変わらず
竹で作った櫓は大迫力で
竹の爆ぜる音が
棚田の谷間に響き渡る。

 

この迫力を
おとちゃんと
とらちゃんに見せたかった。

ようやく叶った。


とらじろうを見ながら
宮園さつみさんが
「まいも、あんくらいやったとよね~」
と言う。

そのまいちゃん。
来年、高校生だ。

そして
私も小森君もパパで
その子ども達が
まいちゃんと同じように
棚田を駆け回っている。

世代が一つ変わったことを
実感した。

 

f:id:kab-log:20170221153333j:plain


ところで、この左義長
本当に面白い。

「伝統文化」という正義があれば
こんな豪快な
大人の火遊びが楽しめる。