初・書店回り

人生初
書店回りすることにしました。

本は
書くより
売るほうがむつかしいからです。

書店の方が
「この本を売りたい!」
と思ってくれることが
大切です。

ということで
人生初、書店回り。

f:id:kab-log:20161213124207j:plain

20冊も注文してくれて
平積みしてくれている書店もあります。

 

私としては
「え、著者の方が、わざわざ来ていただけたんですか?」
「色紙にサインを」
「本にサインを」
「記念に写真を」
なんてことがあるのかな
なんて妄想していたのですが。

 

 

あっさり、
名刺をお渡しして
ご挨拶して終了(涙)

これ、現実です。