絵本を創ろう!

ある女性と再会しました。

彼女はイラストレーターで
他県から糸島市に引っ越してきたばかりでした。

作品サンプルを見せてもらうと
とてもあたたかくて、淡い
ほのぼのとした水彩画。
一瞬で気に入りました。

引っ越してきたばかりで
イラストレーターとしての仕事がまだない
ということで
当時、私が抱えていた
あるprojectのイラストを
彼女にお願いすることにしました。

f:id:kab-log:20161118204732j:plain

糸島市での
イラストレーターとしての仕事が
startしました。

それから数年。

彼女は糸島市が発刊した
『いとしま学』
という小中学校の副教材の
イラストのすべてを任されるようになりました。

f:id:kab-log:20161118204854j:plain

そして久しぶりの再会。

仕事は順調だと言います。
でも、やりたいことは
まだまだたくさんあって
例えば「絵本」を創りたいとも。

「でも、できない」とも。

なにか私にできることないかな
としばらく考えて
私が以前書いたあるstoryを読んでもらいました。

storyを読み始めて
彼女は、一瞬で瞳に涙。

「これで、一緒に絵本、創ろうか?」
と提案しました。

「初見で読ませていただいたとき、
 なんていうか、
 私が伝えたいと思うことがここにあって、
 感想を言葉にできませんでした」

じゃぁ、一緒に絵本、創ろう。
来年の6月までに出版しよう。

一瞬で決まりました。

「新しい道がスーッと伸びた気がします。
 ステキな道標をありがとうございます」

たぶん、来年の6月には
絵本が出版されているはず(笑)

この行動、提案で
未来が変わる。
人生が変わる。

これがゴーシ先生流仕事術の
基本哲学です。

相手のできること。
自分のできること。
その重なりを探す。

相手の幸せ。
自分の幸せ。
その重なりを探す。

その重なる部分の中から、
新しい何かを生み出そうと
真剣に考える。
努力する。
具体化し、提案する。

儲ける、儲けないとか
お金になる、ならないとか
関係ない。

give & give。

これまで無かったものを
創りだせて
その人が喜んでくれたら
それでいい。

もし、本ができて読んでくれる人が
感動してくれたら
それでいい。

でも、それをやり続けていたら
ちょびっとは
お金も返ってきます。

だって、お金は笑顔の対価だから。