神幸祭

今日は神幸祭

福吉住民にとって
子どもが神幸祭に参加するというのは
大きな大きな意味があります。

神幸祭の行列に参加できるのは
小学校1年生から。
「あと2年でとらじろうも
 神幸祭参加できるのか~」
なんて思って公民館で準備していました。

しかし今年、
大入地区には
小学校1年生男子がいない。

「今年は、刀持がおらんのやね…」
なんて話してたら
おいさんたちの目が
とらじろうに集中。

「とら、出てみるか!」

とらじろう、最初は
「ママと一緒にいる」
なんて言っていたのに
刀を見せられた瞬間、
目がキラリ~ン。

さすがパダワン(ジェダイの騎士の訓練生)。

f:id:kab-log:20161009082446j:plain

ノリノリで行列に参加。

年中さんで行列に参加できるなんか
特例中の特例だけれど
いつも神社のしめ縄の架け替えなど
お手伝いに行っているので
おいさんたちが許してくれたのでしょう。

とらじろうが
刀をもって
行列を先導。

f:id:kab-log:20161009084559j:plain

沿道のばあちゃんたちが
「かわいい、かわいい」
言ってくれてくれて
パパは鼻高々。

f:id:kab-log:20161009092904j:plain

と同時に、
感慨深かったです。

というのは、私は
神幸祭の行列に参加する、
できるなんてことは
絶対にありません。

いつまでたっても
ある意味、新住民なのです

でも、とらじろうは
大入で生まれ育った
立派な地域住民で
こうやって神幸祭に参加できるのです。

f:id:kab-log:20161009095350j:plain

年中さんにとっては
すこし長い距離を
決まったステップで歩くというのは
すごく疲れるはずだけど
とらじろう、最後までやり遂げました。

本当に上手でした。

 

f:id:kab-log:20161009095606j:plain