熊本大人塾への想い

昨晩は、熊本大人塾。

 

約30名の方にご参加いただきました。

f:id:kab-log:20170129224527j:plain

参加者の中には
熊本地震
自宅が全壊された方もいました。

会場は学びの熱気に包まれ
参加者の皆さまには
大変喜んでいただいたと思っています。

 

熊本地震がおき
自分には何ができるのだろう?
自分にしかできないことは何だろう?
とずっと考えていました。

 

寄付をしたりはしたけど
何もできないでいる自分に
何となく後ろめたさを感じていました。

自分にしかできないこと、
熊本大人塾を開催すること。

 

実際に開催して
熊本の方々に喜んでいただき
自分自身が
本当に救われる思いでした。

実際に被災地を訪れると
熊本地震は本当に局所的です。

 

その被災された方々、
避難所や仮設住宅で生活されている方々に対して
具体的に私ができることは
ほとんどなく
ずっと現地に入っている
熟練ボランティアの方にお任せすべきでしょう。

 

熊本地震は局所的なので
普段の生活を取り戻された方も
多数います。

 

その方々の、自己実現を支援する。
やりたいこと実現する。
事業のスタートアップを支援する。
幸福度を高め、経済を回す。
そのエネルギーを
被災地に送る。

 

自分自身も定期的に
熊本に足を運ぶ。
大人塾の参加費の一部を
義援金として寄付する。

 

そんなことができたらなぁ
なんて思ってstartした
熊本大人塾。