『99%会社はいらない』『大人はもっと遊びなさい』

新潟往復の機中で
堀江貴文さんの『99%会社はいらない』
成毛眞さんの『大人はもっと遊びなさい』
を読んだ。

f:id:kab-log:20161003073903j:plain

これは
2冊同時に読むべき本だと思うし
2冊同時に読んでよかった。

両方の本とも
「もっともっと遊びなさい」
という主張だ。

一方の本では
AIやロボットが
人間労働を代替し
人間は自由を手に入れることができる。
その時間で遊ぶべきだし
実はその遊びの中から
新しい産業や仕事、エンターテイメント
イノベーションが生まれる可能性がある
ということだ。

一方の本では
ワークライフバランス
老後を考えたり
大人になっても人間の成長を味わうためには
もっと遊ぶべきだ
ということだ。

いずれにせよ、
遊びの時代がやってくる。
日本の最先端を走る二人が言うのだから
間違いないだろう。

じゃぁ、自分って遊んでるのだろうか、、、?

SUP(スタンディング・アップ・パドルサーフィン)はする。
でも、趣味というほどじゃない。
アクア・スキッパーもすぐに飛びついて買った。
でも、一回も乗れていない。
ドローンも持ってる。
でも、半年以上、飛ばしていない(涙)。
BBQはよくするけど
キャンプは好きじゃない。
車は好きだけど
空き時間にドライブに行こうとは思わない。
カメラで写真を撮るのは好きだけど
あくまでも、ログ的な意味で
写真を撮ること自体がすごく好きなわけじゃない。

自分って遊んでるのだろうか?
自分の趣味は何なのだろうか?

不安になった(笑)

しばらく考えて
ある結論にたどり着いた。

私にとっては
「大人塾」も
「法人設立」も
「イベント・プロデュース」も
「執筆活動」も
すべて遊びなのだ。

それがお金に替わっているから
仕事のように感じているけど
お金にならないこともやってる。
お金にならないとしてもやってる。

 

99%の会社はいらない (ベスト新書)

99%の会社はいらない (ベスト新書)

 

  ↑amazon affiliate

 

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

大人はもっと遊びなさい (PHPビジネス新書)

 

  ↑amazon affiliate