読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松さんと懇親会で話してよく分かりました

f:id:kab-log:20170221094001j:plain

植松さんと懇親会で話して
よく分かりました。

 

植松さんは
私たちのような社会人相手の講演は
したくないんです。

だって、やる気もあるし
行動力もあるし
お金と時間を投資する
覚悟もある。

 

植松さんは
そんな社会人よりも
「どーせムリ」
と思っている子どもたちに
話がしたいのです。
「自信を無くしている」
子どもたちに語りかけたいのです。

 

自分の命の時間を割きたいのです。

 

だから
やる気のある社会人向けの講演を断るために
高額な価格設定をしました。

 

今回、植松さんを呼ぶために
支払う金額は約91万円です。

 

ね。
植松さんの講演会を開くなんか
考えないほうがいい(笑)。

 

植松さんの時間は
子どもたちのために
使ってもらったほうがいい。

 

とはいえ、正直言えば
「友達なんだから、
 少しは、まけてよ」
なんて思っていました。

 

でも、昨晩しこたま飲んで
語りあって
救われました。

 

やる気のある
社会人向けの講演を断るために
すごく高い価格を設定しています。
でも、それをたまに
乗り越える人たちがいるんです。
その人たちは
きまって『いい人』たちなんです。
優しくて、志があって、団結してて。
そんな『いい人』たちに
高額なお金を請求するのも
本当は申し訳ないんです

 

でも、そうして
私たちが払ったお金が
安い謝金しか払えない
小中学校の謝金・交通費に使われるのだとしたら
全然、OK

さらに、救われる一言がありました。

 

僕は、コラボ企画や
トークセッションは基本的に受け付けません。
普通は情報量が低くなるからです。
今回、引き受けたのは
ゴーシ先生のオファーだったからです

 

一気に救われました。

打ち上げの場では
クロストークの延長で
さらに楽しかった。

 

昨日の一日は、
本当に奇跡でした。

 

3.19がおわり
未来創造ロスになるかと思っていたら
全くなっていません。

 

次々と新しいアイデア
約束をして、
もう、ワクワク感満載です!