とらじろうの発熱

とらじろうが今朝から発熱。

 

メールによれば
「現在も38℃以上」。

 

センター試験監督を終え
慌てて家路に。

帰り着けば、
思ったより元気で
ケラケラ笑ってるし
動き回ってる。

 

だけど、やっぱり熱があって
キツイようで
パパの膝の上で
久しぶりの
赤ちゃん抱っこ。

おとなしく抱っこされてます。

最近は、
遊びたくて仕方ないので
こんなにゆっくり
抱っこさせてはくれません。

 

久しぶりの
赤ちゃん抱っこ。

 

まじまじと顔を覗き込み
とらに
こんな質問。

 

「とらくん。
 この前ね、『あら~とらくんにそっくりですね』
 って言われたと。
 パパはね
 『とらくんがパパにそっくり』
 だと思うんだけど
 どう思う?」

すると、とらじろう。

 

「とらくんとパパは似とらんよ」

 

「そ、そうか…
 どこが似とらんと思う?」

 

「歯の大きさ」

 

「は、歯はさ…
 とらくんもだんだん大きくなると思うよ。
 その他は?」

 

「服」

 

「た、確かに服は違うけど
 何を着るかによっても変わるやろ。
 いつかとらくんもこんな服、
 着ると思うよ。
 他には?」

 

「熱」

 

「…そ、そうやね」

 

パパ、感動しました。
4歳児で、熱がありながら
この三段オチ。

パパと最も違うのは
この天性の笑いのセンスかもしれません。

f:id:kab-log:20170116131515j:plain