九州地域戦略会議夏季セミナー

今日(20日)は
午後から佐賀市の古湯温泉で
『九州地域戦略会議夏季セミナー』。

第3分科会の
「課題提起」
をしてほしいとの依頼があり
いつもどおり
快くOKし
「いつもどおりの講演をすればいいや~」
なんて思っていたら…

『九州地域戦略会議夏季セミナー』
って九州の各県知事、
九州の財界のtopが集まる
すごいセミナーでした。

基調講演は
池田弘(ひろむ)氏による『地方創生の実践』。

すっごい刺激を受けました。

もっと志を高く。
もっと業を大きく。
もっとできる。

心新たにさせられました。

後半は分科会。

第3分科会の座長は
佐賀県の山口知事。

「知事の前でプレゼンできる!」
と60分のpptをゼロベースで作っていったら
(普段は、ゼロベースでつくるなんてしません)
直前に
「問題提起は10分でお願いします」
「は?」(笑)

簡潔に説明し
飛ばすところは飛ばし
10分で
伝えるべきコトのすべてを
表現できたと思います。

問題提起後
麻生渡元福岡県知事がコメントしてくれました。

少子化問題について
 いままで聞いたプレゼンの中で最高だった!」

しかも、分科会終了後
福岡県の幹部職員に
「福岡県で婚学ファシリテーター養成講座をやって
 婚学ファシリテーターを県の大学、高校に派遣しよう」
と提案してくれていました。

佐賀県山口県知事も
少子化問題は、
 地域の事情があるので
 なかなか共通の施策、
 フレームを作るのは難しいと思いますが
 それでも『婚学』は
 全国に先駆けて九州全体で
 やる意味はあると思います」
というような感じで
総括していただきました。

f:id:kab-log:20161211211950j:plain